BIGLOBEエンジニアブログ

アクセスカウンタ

RSS 初めての人のためのインターネットルーティング

<<   作成日時 : 2014/11/11 17:57  

トラックバック 0 / コメント 0

ネットワークエンジニアのつちやです。

「レバーを食べると翌日元気になる」という自己分析のもと、この一年間毎晩のようにレバーを食べていますが、
実際のところ真偽は知りません。

さて、Internet Week 2014という技術系のイベントの中の
「初めての人のためのインターネットルーティング」というプログラムで発表します。
https://internetweek.jp/program/t04/

このプログラムは、私がプログラム委員の一人としてイチから企画させていただいたプログラムだったりします。

インターネットを運用しているネットワークエンジニアにとって、現場で使われる技術やインターネットの仕組みの話、または企業間に発生するビジネス慣習などを教えてくれる場というのは、実はあまり用意されていません。

プログラマやサーバエンジニアと比較しても、そもそもネットワークエンジニアの絶対数が少ないことから、キーワードをwebで検索して見つかった先駆者たちの記事を参考に問題解決する、ということもあまり多くはありません。ネットワークエンジニアが扱う装置の多くが、一台あたり数百万〜数千万円レベルのものであることも、世間に情報が少ない一因かもしれません。

では、ネットワークエンジニアはどこで学ぶのかというと、ほとんどの場合が現場で学びます。
インターネットの運用現場で専門的な技術や知識と出会い、または自社や他社のエンジニアの先輩方に直接話を聞くことでビジネス的なバランス感覚や、広大なインターネットにおける自身の仕事の役割などを少しずつ理解していき、一人のエンジニアとして成長していきます。

そのため、エンジニアとして一人前に成長するまでにやはりどうしても時間がかかりますし、入社したばかりの若手社員にとっては「なんのこっちゃ」というモヤモヤした状況が数年続きます。

私自身、モヤモヤで不安だらけの日々が長かったので(今もまだモヤの中ですが)、次の若手エンジニアの方やネットワークのことを学ぶ機会が得られなかった方々にとって、ステップアップの助けになればという想いで、今回のプログラムを企画させていただきました。

私のパートは、インターネットやルーティング技術における基礎的な話が中心ですが、一緒に発表させていただくBIGLOBEの先輩エンジニアの川村さんやさくらインターネットの主任研究員の大久保さんのお話は、現役のベテランネットワークエンジニアだからこそ聞ける生々しいノウハウや知見がたっぷり詰まったものとなっています。(会場でしか公開できない情報もあるそうです)

ご興味があれば、ぜひお越しいいただいて、会場でしか味わえない発表者の温度感やインターネットの奥深さを感じていただければと思います。

最後に、私の資料の一部を抜粋して載せておきます。

それではまた。

画像


画像


画像


画像

テーマ

月別リンク