BIGLOBEエンジニアブログ

アクセスカウンタ

RSS Scala, Play2.0 を利用した Let's App!のご紹介

<<   作成日時 : 2012/07/30 18:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

BIGLOBEのウエダです。

本日7/30に『Let's App!』のバージョンアップを行い、GooglePlayで公開しました。
Let's App!は友達とおすすめのアプリを教えあうサービスです。
http://letsapp.jp/

Android版アプリは以下のURLからダウンロード可能です。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.letsapp

今回は本サービスの裏側の話をしたいと思います。
まずは下の動画をご覧ください。



サービス構成


サーバーはScala 2.9.1 + Play Framework 2.0 を利用しています。
BIGLOBEではほとんどのサービスがPHPでできていましたが、今回はアプリの送受信において非同期通信を用いたかったことと、技術的チャレンジの意味を込めてこの方式を採用しました。

対応クライアント


クライアントアプリは現時点ではAndroidのみに対応していますが、iPhone版もリリース予定です。

通信方式


アプリ交換におけるサーバークライアント間の通信は、WebSocketを利用した非同期通信を実現しています。
サービスを作りこむにあたり、Play FrameworkのJSONパース問題やWebSocketライブラリの不具合などの問題にぶち当たりましたが、タイミングよくアップデートが行われ解決できました。

最後に


繰り返しになりますが、Let's App!を使うと友達のスマホにおすすめのアプリをポポイッ!と渡すことができます。
さらに、TwitterやFacebook、メールを通して仲間に教えることもできます。
今後も頻繁にアップデートを行う予定ですので、ぜひご期待ください。
詳細について情報共有されたい方は、ご連絡くださいませ。

テーマ

月別リンク